◎健大高崎―伊勢崎清明
 シード同士のもう一試合、健大高崎―伊勢崎清明は“因縁”の対決。健大高崎は出塁率の高い1番湯浅大、4回戦で本塁打を放った高橋翔大主将、今大会7打点の小野大夏ら、強力打線で迎え撃つ。伊勢崎清明は2年前の夏の決勝で0―1で敗れて以来、3連敗中だが、一矢報いることができるか。本格派右腕のエース岡本卓也で最少失点に抑え、打率5割超えの主砲原一真を中心に攻めたい。

 

 ※準々決勝からは入場が有料。大人600円、中高生100円。

◎前橋―高経附
 ノーシード同士の対戦となった前橋―高経附。選抜帰りの桐生第一を撃破した高経附は勢いがあり、犠打や盗塁を効果的に使った攻撃は光る。リードオフマン石関智大と俊足の2番団野将太は、桐生第一から計5打点を挙げた。前橋は強力打線の前橋商を6安打に抑えたエース右腕の相馬孝成が軸となる。3回戦でソロを放った船津光輝や4番三上直規率いる打線が援護できるかが、試合を左右しそう。

角度のある直球を武器にする前橋の相馬

更新日時:2016年4月23日(土) AM 06:00

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *