高校スポーツ最新ニュース

 (第3日・埼玉工大ほか)  埼玉県の関東大会県予選は、準々決勝が行われ、狭山ケ丘が昨年の王者・西武台に4―4からのPK戦を5―4で制し、1985年以来、31年ぶりのベスト4進出を決めた。これで3試合連続のPK戦勝ち。このほか浦和東、正智深谷、昌平が4強入りを果たした。  狭山ケ丘は3―3の後半10分、野村のハットトリックとなるゴールで4―3と勝ち越し。同点とされたが、PK戦では7人目の福田が蹴り込み、激戦に終止符を打った。  浦和東は前半2分、左CKから青木のヘッドで先制。追い付かれたが後半28分、中村が決勝点を奪って、2―1で武南に競り勝った。今冬の全国選手権代表の正智深谷は前半の3得点などで聖望学園に4―0で快勝。新人大会に続くタイトルを狙う昌平は星野の決勝ゴールで、1―0と成徳大深谷を下した。  準決勝は29日、浦和駒場スタジアムで昌平―浦和東(11時)、正智深谷―狭山ケ丘…[記事全文]


04/24  【埼玉新聞】


  • 唐津東Bが女子団体制す 佐賀県春季弓道大会 04/24  【佐賀新聞】
  • 女子ソフトテニス 松本・矢壁組(清和)連覇 04/24  【佐賀新聞】
  • キューバ人留学生入部 古川学園高バレー部 04/24  【河北新報】
  • 聖光学院が福島東に3-0で快勝 Fリーグ 04/24  【福島民友新聞】
  • 男子井上が優勝、女子は高野制す 弓道遠的高校の部 04/24  【福島民友新聞】

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *