高校野球 佐賀学、唐津商、鳥栖が8強へ

2017/07/15 (土) 18:44

大会7日目の全国高校野球県大会は。第4シードの佐賀学園が多久と対戦しました。多久は2回表、アウト2塁3塁で8番中園がスクイズを決め、1点を先制します。しかしその裏、すかさず佐賀学園も反撃。1アウト満塁で8番古場の内野ゴロの間に、3塁走者が還り、すぐに同点に追いつきます。5回に2点勝ち越した佐賀学園はさらに、7回。2アウト満塁で4番江頭が走者一掃のツーベースヒットで3点を追加します。8回表、1点を返した多久は、さらに2アウト満塁のチャンスから、四球、死球の連続の連続押し出しで、2点差まで詰め寄ります。しかし、反撃もここまで。その後さらに2点を追加した佐賀学園が、8対4で多久を下しベスト8入りを決めました。続く第2試合は、今大会第2シードの唐津商業が5対0で敬徳を完封しました。また、第3試合は鳥栖が3対2で唐津西を下し、それぞれベスト8進出です。16日は佐賀商業対鳥栖商業の試合など、2試合が予定されています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *