選ばれた54代目となる10人は、クルーの心得や立ち振る舞いを学ぶ勉強会に参加した後、5月27日の出発式を経て、6月から本格的に広報活動を始める。7月からは全国主要都市でモモのPRを行う。

 県くだもの消費拡大委員会(委員長・小林香福島市長)の主催。女性55人、男性2人が応募し、42人が面接や模擬PRなどの試験に臨んだ。

 県産果物の魅力を全国に向けて発信する2016ミスピーチキャンペーンクルーの選考会が23日、福島市で開かれ、福島、郡山、須賀川各市の女性計10人が選ばれた。6月から県内外のイベントなどで「くだもの王国ふくしま」の広告塔として県産果物の消費拡大を後押しする。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *