JR西日本米子支社が「ありがとう三江線記念入場券セット」を発売。廃止を迎える三江線35駅の入場券がセットになっています。

限定8000セット

JR西日本米子支社は2017年11月17日(金)、三江線の江津~三次間35駅の入場券をセットにした「ありがとう三江線記念入場券セット」を発売すると発表しました。詳細は次のとおり。

●発売期間
・12月10日(日)午前10時30分~2018年3月31日(金)
・売り切れ次第終了
●利用期間
・12月10日(日)~2018年3月31日(金)のうち1日間
●発売駅
江津、浜田、三次
●価格
4900円
●発売数
・8000セット
・1人10セットまで購入可

きっぷは硬い厚紙でできた硬券で、台紙が付きます。購入は各発売駅の「みどりの窓口」の営業時間内で可能です。支払いは現金のみ。郵送などでの受付や販売は行われません。

三江線は島根県の江津駅と広島県の三次駅を結ぶ全長108.1kmのローカル線です。利用者の減少などにより、2018年3月末をもって廃止されることが決まっています。

【写真】江の川沿いに走る三江線

「ありがとう三江線記念入場券セット」台紙のイメージ(画像:JR西日本)。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *