2死一、三塁で「積極的にいこうと思った」と内角球に詰まりながらも、中前に落とした。熊本出身の2番打者はここ5試合で3度、複数安打をマーク。好調を維持し「元気な姿、プレーを届けられたら」と被災した故郷を思いやった。

高橋監督(今村に)「内容もいい。次も頑張ってくれたら」

宮国(六回2死一、三塁で今季初登板してピンチを抑え)「三塁走者をかえしたくなかった。ノブ(今村)の勝ちを消したくなかった」

2回 先制の適時打を放つ巨人・立岡=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人の立岡が二回に先制打を放ち、先発の今村を援護した。「いいテンポで投げていた。何とか勝ちを付けられればと思った」と笑顔だった。

試合結果へ

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *