57歳の会社員・森さんは妻からのすすめで料理教室に通う。

———-

———-

教材費等まで無料の理由は、受講後9割の人が正社員として運営サイドの関連企業に就職しているところにある。つまり、自分たちが教えた生徒にそのまま就職してもらうことで、簡単に人材確保ができるのだ。実際、関連企業への就職を受講料無料の条件にしているスクールも多いので、単にプログラミングが学びたいという人は、諸条件をよく確認しよう。

体を動かしたい人には、自治体のスポーツ施設の利用をおすすめする。一般的なジムでは毎月1万円程度のお金がコンスタントにかかるが、たとえば中央区なら、2時間400円で総合スポーツセンターのトレーニングルームを利用することができる。ほかにも、温水プールは2時間500円(区民350円)、ヨガのクラスは全10回で6000円と、自治体ならではの安さである。中央区に限らず、自治体ごとにさまざまな施設・スポーツ教室を開催しているので、住んでいる・もしくは職場のある自治体のHPをチェックしよう。

韓国語も安く習得することが可能だ。四谷・駐日韓国文化院の語学スクール「世宗学堂」は、90分の授業×20回でたったの3万円(テキスト代実費)。しかも、入門クラスから上級クラスが選べる。

▼習い事

金持ち生活超入門

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *