大手銀行の幹部は、日銀が22日に公表した半年に一度の「金融システムリポート」を一読し、安堵(あんど)のため息をついた。

 マイナス金利で金融機関の収益力低下が長期化すれば、お金の出し手と借り手の資金の流れを円滑にする「金融仲介機能」が損なわれる可能性があると指摘したのだ。

日銀内では「銀行との関係修復を優先すべきだ」との声が多い

 日銀は27~28日に金融政策決定会合を開き、追加の金融緩和の必要性を議論する。年初からの円高・株安は落ち着きつつあるが、日銀内では、物価伸び悩みによる「デフレ再燃」を懸念する声も出始めた。2月に導入した「マイナス金利政策」の効果を見極めるべきだとの意見が主流だが、上場投資信託(ETF)の買い入れ拡大案なども浮上している。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *