22日午前0時45分ごろ、東京都目黒区大橋2丁目の首都高速3号渋谷線上りで、乗用車が工事のために停車していた無人の車両に追突。乗用車の男性3人のうち、助手席と後部座席の20代とみられる2人が全身を強く打って死亡した。

 警視庁は、乗用車を運転していた東京都世田谷区新町3丁目、職業不詳中山忠克容疑者(27)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。中山容疑者も肋骨(ろっこつ)が折れるけがを負っており、回復を待って同致死容疑に切り替えて事情を聴く。

 高速隊によると、現場は大橋ジャンクション近くの2車線の直線で、補修工事のため右側車線を通行止めにしていた。乗用車は、右側車線に止まっていた規制を知らせる掲示板を積んだ車両に追突した。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *