17日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が小反発。前週末の弱いインフレ指標を受けて、米利上げ観測に懐疑的な見方が強まり、10カ月ぶり低水準を付ける場面もあったが、小幅に戻す展開となった。

  20日の欧州中央銀行(ECB)政策委員会の会合を前に市場の注目がユーロにシフトし、ユーロは対ドルで1週間前に付けた1年2カ月ぶり高値1.1489ドルに接近した。ECBが資産購入プログラムの縮小を準備しているとの観測のほか、欧州経済が底堅くなっていることが背景にある。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.1%上げて1ドル=112円63銭。ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1478ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇した。

  ブルームバーグ・ユーロ指数はECBの前回6月8日の会合以降、約2.25%上昇しているが、直近高値を3%近く下回っている。ECBが数カ月のうちに資産購入プログラムの段階的縮小を発表するとの観測が続いている。

  20日の日銀金融政策決定会合や25ー26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)など中銀会合を控えてリスク許容度が低く、商いは全般的に低調で取引レンジも狭かった。

  トレーダーによると、ドルは対円で112円80銭を上回る水準でストップオーダーが誘発され、上げ幅を拡大。この日の高値112円87銭を付けた。対円でユーロの需要が高まったことも影響したという。米2年債利回りの上昇もドルの支援材料となった。

原題:Dollar Rebounds Off 10-Month Low as UST Yields Recover(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE
Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *