美術館の監視カメラには、この一部始終が捉えられており、映像は動画共有サイトに投稿され、これまでに30万回以上再生されたということです。

アメリカのメディアによりますと、ロサンゼルスの現代美術館で大理石などの彫刻を集めた展示会が開かれていたところ、2週間ほど前、観客の女性の1人が作品の前で身をかがめ、携帯電話を使って自撮りをしようとしました。
ところが、この女性がバランスを崩して作品が置かれた台座に倒れ込み、並んでいた11の台座が次々に将棋倒しのように倒れました。

アメリカ・ロサンゼルスの美術館で、観客の女性が展示された作品の前で携帯電話を使って自撮りをしようとしたところ、バランスを崩して倒れ込み、作品が置かれた台座が次々に倒れて、美術館側は、複数の作品が破損し被害総額は2200万円以上に上るとしています。

地元のメディアによりますと、女性は深く謝罪しているということですが、展示会を企画したアーティストは「あくまでも事故だ」として、あえて責任を問わない姿勢を見せており、美術館側も女性を訴える予定はないとしています。

美術館の広報担当者は「3つの作品が永久的に破損した」として、被害総額は20万ドル(日本円で2200万円以上)に上ることを明らかにしました。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *