【ロサンゼルス=田原徳容】米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は21日、カリフォルニア州で起きた銃乱射テロをめぐり、容疑者が使用した「iPhone(アイフォーン)」のロック解除の協力者に100万ドル(約1億1000万円)以上を支払ったと示唆した。

 ロンドンで開かれた安全保障関連のイベントで参加者の質問に答えた。コミー氏は、「私が7年4か月の残り任期に得られる額より多く支払った。支払う価値はあった」と述べた。

 解除方法や金額は具体的に説明していないが、コミー氏がこの期間に得られる収入は100万ドルを超えるとされる。協力者については、米メディアがプロのハッカー集団との見方を報じている。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *