公衆衛生関係者の間では、ニューヨーク市は長年に及ぶ鉛中毒との戦いで、よく知られている。鉛は神経障害などを引き起こす可能性がある有害物質だ。

この種の検証としては初となる今回の調査では、ニューヨーク在住の子どもを対象として、地区ごとに細分化された血液検査データをロイターが入手した。各地区の住民は4000人程度で、人口密度の高いニューヨークでは、地区は数ブロックに相当する場合が多い。

●マンハッタンのアッパーウエストサイドにあるリバーサイド公園近くの高級住宅街では、高濃度の鉛が検出された子どもの割合は、フリントと同程度だった。

●子どもの血中鉛濃度が最も高かった地区はブルックリンにある。石造りの歴史的な建物が多く、不動産価値も急上昇しているが、建築工事やリノベーション作業によって鉛成分が拡散する恐れがある。高濃度の鉛が検出された子どもの割合がミシガン州フリントの3倍と最も高かったのは、超正統派のユダヤ教徒が多く住む地区で、子どもの割合が市内で最も多い地域でもある。

この一家が経験した苦難は、珍しいことではない。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *