このように理解しないと財務省のプロが「杜撰と思える積算価格」で売買するなど想定できない事態が発生しているからである。

それがない限り安倍の「内閣改造パフォ-マンス」にごまかされはいけない。大手マスコミもこの程度のごまかしを大きく報道すべきではない。ごまかしに加担する報道であるからだ。

安倍総理は、籠池氏の教育方針に大いに賛同して100万円を寄附しながら
それが発覚するや、「籠池は信用できない人物だから言うことも信用できない」とか、明恵の秘書は「個人の資格」で財務省に問い合わせしたとか、全くど素人に説明するような「虚言」を関係者にしゃべらせてうやむやにしようとしている。

⑤第1回口頭弁論は9月20日午後2時から大阪地裁で開かれる

審尋が開始されているが、そこで解ったことは、財務省本省は6月1日からシステムの総入れ替えを行っているが、近畿財務局では当面はシステムの総入れ替えを行う予定がないという回答であった。
これは昨年6月から今年の6月までの間に、既にシステムの総入れ替えを完了しているという意味か、それとも本省とは違う時期にシステムの総入れ替えを今後将来行う意味かは国は答弁を避けた。

①4/27近畿財務局に「第三者委員会の設置及び森友学園との交渉記録の保全」の申し入れをおこなった。
http://kokuyuuti-sinsoukaimei.com/kinkizaimukyoku-youseisyo/

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *