在日米軍は24日、熊本地震の被災地への輸送支援を終了した。23日で自衛隊の増派が2万6000人態勢まで進んだため。安倍晋三首相は24日の地震非常災害対策本部の会合で「米国が示してくれた友情に心から感謝したい」と述べた。米軍は18日から新型輸送機MV22オスプレイを使い、熊本県南阿蘇村などに食料や水を運搬した。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *