同補選は、女性問題が発覚した宮崎謙介前衆院議員(自民党を離党)の議員辞職を受けて実施。自民党は宮崎氏への批判や政権への影響を考慮して候補者を擁立せず、共産党も野党共闘の動きを踏まえて擁立を見送った。

 衆院京都3区補欠選挙は24日午後8時に投票が締め切られ、民進党前衆院議員の泉健太氏(41)(社民党推薦)が、おおさか維新の会の森夏枝氏(34)、日本のこころを大切にする党の小野由紀子氏(37)(新党改革推薦)ら新人5人を抑え、6度目の当選を確実にした。

Tags:

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *